前へ
次へ

法人営業求人の転職は会社代表の自覚も大切に

人と接することが好きなら求人で人とのつながりを大切にする仕事を見つけることができますし、法人営業の求人をチェックするのも良い考えです。
いくつもの求人を見ていくと法人営業という文字を見つけますが、営業活動を行うのは法人に対してなので、故人への営業ではありません。
転職にあたり求人を探すとき、個人営業がいいのか法人営業が自分には合っているのか、自分の性格や希望と照らし合わせて求人を確認することです。
ひと口に求人での法人営業といっても、仕事内容はその会社により特徴があります。
どのような業種の法人営業の求人なのか、何を商品として取り扱う会社の求人の法人営業なのか、それぞれに違いが生じるのは当然です。
何よりも意識をするべきなのは、相手は法人だけあって自分自身が、会社の顔であることを忘れないようにします。
企業を代表して様々な取引をする立場であり、商談は担当者個人とだけ進めていくわけではありません。
ビジネスはあくまでも、会社対会社であり営業はその代表です。

Page Top